« 世界初の技術でロードスター生産中! | トップページ | フォーミュラ・ニッポン第4戦決勝 »

2005年6月 5日 (日)

フォーミュラ・ニッポン第4戦予選

リニューアルした富士スピードウェイでフォーミュラニッポン第4戦が始まりました。
予選1回目で昨年の全日本F3チャンピオンで今回がフォーミュラニッポンデビュー戦となるロニー・クインタレッリ選手(KONDO Racing)が暫定ポールを獲得しました。予選2回目ではリチャード・ライアン選手がコンマ6秒も上回るタイムをマークし結局最後まで各車ともそのタイムを上回ることができず、リチャード・ライアン選手が今季初のポールポジションを獲得しました。ロニー・クインタレッリ選手は予選2回目で自己ベストタイム更新して6番手グリッドを獲得しました。
リチャード・ライアン選手と現在同ポイントでトップの井出有治選手は12番グリッドからのスタートになりますが、今回の予選タイムはトップタイムより1秒以内に全車が入っているのでまだまだ表彰台が狙える位置だと思います。
前回の菅生のレースで、ファステストラップを記録しマシンのセッティングの方向性が見えてきたと思われる野田秀樹選手もどんなレースをしてくれるのか注目したいと思います。

決勝は14時30分から65周のバトルがスタートします。
残念ながらスカパーがないのでフジテレビで後日観戦します。

関連記事
FN富士 大混戦!ちょっとピットイン

第4戦予選総合結果
6月4日富士スピードウェイ
順位 No. ドライバー チーム TIME
リチャード・ライアン DoCoMo DANDELION 1'28.340
11 平中 克幸 CERUMO 1'28.444
片岡 龍也 Forum Engineering LeMans 1'28.465
松田 次生 5ZIGEN 1'28.466
山本 左近 KONDO Racing 1'28.478
ロニー・クインタレッリ KONDO Racing 1'28.513
32 小暮 卓史 PIAA NAKAJIMA 1'28.812
19 ブノワ・トレルイエ mobilecast IMPUL 1'28.824
23 本山 哲 Arting IMPUL 1'28.861
10 土屋 武士 Forum Engineering LeMans 1'28.879
11 服部 尚貴 DoCoMo DANDELION 1'28.882
12 20 井出 有治 mobilecast IMPUL 1'28.925
13 31 アンドレ・ロッテラー PIAA NAKAJIMA 1'28.983
14 28 野田 秀樹 CARROZZERIA MOHN 1'29.049
15 12 高木 虎之介 TAKAGI CERUMO 1'29.293
前戦までのドライバーズポイント
順位 No. ドライバー チーム ポイント
リチャード・ライアン DoCoMo DANDELION 18
20 井出 有治 mobilecast IMPUL 18
23 本山 哲 Arting IMPUL 16
32 小暮 卓史 PIAA NAKAJIMA
松田 次生 5ZIGEN
服部 尚貴 DoCoMo DANDELION
土屋 武士 Forum Engineering LeMans
19 ブノワ・トレルイエ mobilecast IMPUL

くわしくは「Formula Nippon official site」で。

ブログランキングranQへ参加しています
にあなたも参加しませんか?

このブログのトップへ
モータースポーツカテゴリーへ

|

« 世界初の技術でロードスター生産中! | トップページ | フォーミュラ・ニッポン第4戦決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71733/4413086

この記事へのトラックバック一覧です: フォーミュラ・ニッポン第4戦予選:

» FN富士 大混戦! [ちょっとピットイン]
新生、富士スピードウェイでの初めてのFNが決勝を迎えた。 予選は、ポールのライア [続きを読む]

受信: 2005年6月 5日 (日) 10時43分

« 世界初の技術でロードスター生産中! | トップページ | フォーミュラ・ニッポン第4戦決勝 »