« 【ル・マン24H】特集 | トップページ | 修行54日目 »

2005年6月20日 (月)

【F1】第9戦アメリカグランプリ決勝

前代未聞のF1グランプリ!

タイヤの安全性を考慮してミシュラン勢全車レースをボイコット。

フリー走行時ラルフ・シューマッハが去年と同じ最終コーナーでクラッシュし、原因がタイヤにあることから、ミシュランがFIAに対して、安全を考慮して新しいタイヤの使用もしくは最終コーナーにシケインを設けてほしいとの要望をしたが受け入れられず、フォーメーションラップ後ミシュランタイヤ使用のチームは全車ピットロードに向かいレースをボイコットしてしまいました。

レースはフォーメーションラップ時に12台以上揃っていたので成立するようです。フェラーリ、ジョーダン、ミナルディの6台のみのレースが現在行われています。
観客からは、ブーイングや金返せって書いたボードが出されていて、帰ってしまった人がかなりいるようです。

FIAだけじゃレースは出来ません。チーム、ドライバー、スポンサー、観客 ... もろもろ揃ってF1グランプリが成立するんだと思う。
FIAはドライバーに、FIAに命を捧げろとでも言いたいんだろうか。

ブログランキングranQへ参加しています
にあなたも参加しませんか?

|

« 【ル・マン24H】特集 | トップページ | 修行54日目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71733/4629208

この記事へのトラックバック一覧です: 【F1】第9戦アメリカグランプリ決勝:

» F1アメリカGPの騒動を見て [Youichanの「Yちゃん」で「ヨイchan」な日記]
最近F1ネタを書かなかったのは、文句ばかり書いてしまいそうだったから。 でも、今日はどうしても書きたくなってしまった。 観客・ファンを無視した、FIAとエントラント・メーカー側との確執が ついにこういう事態を生んでしまった感じがしています。 2008年新レギュレ... [続きを読む]

受信: 2005年6月21日 (火) 04時00分

« 【ル・マン24H】特集 | トップページ | 修行54日目 »