« なんじゃこりゃ! たすけてくれー | トップページ | 【F1】第9戦アメリカグランプリ決勝 »

2005年6月19日 (日)

【ル・マン24H】特集

ルマン24Hに関する新作DVD&BOOK

1991 ル・マン ロータリーパワーの軌跡
「ロータリーで勝つ」その情熱がマツダをル・マンに駆り立てていた。1991年。世界最高峰の耐久レースに挑み続けていたマツダのマシンは、耐久性、信頼性を大幅に向上させていた・・・・。マツダ、国産車初のル・マン制覇。未だその輝きを失わない歴史的な金字塔。1991ル・マン24時間、ロータリーに賭けた情熱が世界を変えた瞬間だった。若きミハエル・シューマッハの走り、プジョー905のル・マンデビュー、そしてロータリー最後のル・マン。1991年のまばゆい光を放った戦いを余すところなく収録。【特典映像】ロータリーロケット787Bオンボード映像収録
ルマンに勝つ方程式
昨年チームゴウが、日本のチームとして日本人ドライバーを乗せて初めてルマンに優勝した。本書は、チームゴウがルマンに優勝した要因を、ルマンが現在の形態を整えた1950年代から50年の歴史を知ることで解明し「ルマンに勝つ方程式」を説き明かす一冊。1950年代ジャガーとメルセデスが闘った時代から、1960年代最新のプロトタイプカーに対して、どうしてジョン・ワイアが旧式のGT40で勝てたのか? 1980年ジャン・ロンドーが成功した理由。強力なポルシェ956に2リットルエンジンで挑戦したランチア。ラインホルト・ヨーストが成功した理由。1990年代にグループCカーが消滅して、その後GTカーの時代を迎えるまでの「ルマンが教える15の教訓」を確認する。また、1996年マクラーレン事件の真相。ロングテイルの“F1”GTR-97ストーリー。BMWのルマンプロジェクト。復活間際だった童夢/トヨタプロジェクト。マツダの成功。アウディR8登場によって確立した「ルマンに勝つ方程式」。そして、郷和道がその方程式に基づき優勝するストーリーを展開。
ブログランキングranQへ参加しています
にあなたも参加しませんか?

モータースポーツカテゴリートップへ
このブログのトップへ

|

« なんじゃこりゃ! たすけてくれー | トップページ | 【F1】第9戦アメリカグランプリ決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71733/4621051

この記事へのトラックバック一覧です: 【ル・マン24H】特集:

« なんじゃこりゃ! たすけてくれー | トップページ | 【F1】第9戦アメリカグランプリ決勝 »